Japan Music

米本 実

Yonemoto_Photo
noze
Written by noze

Electro Music Artist in White Coat Representing Japan.

nozeです!

今回は東京が生んだ電気音楽家”米本実”先生を紹介したいと思います。

シンセサイザーの開発から、様々なスタイルでの演奏・パフォーマンス、電子工作やDTMのレッスン、楽曲提供に効果音のデザイン、更に大学の非常勤講師などもこなす、ものすごーく活動範囲の広い電気音楽家です。

機械と音楽が大好きだった幼少期、ロボットから宇宙船、テレビゲームからディスコ音楽まで、とにかく好奇心が大爆発!していたそうです。
そんな好奇心が次第にシンセサイザーに結びつき、小学校6年生でついにハンダごてを握る事になります。この頃からすでに”マッド・サイエンティスト”の片鱗を覗かせていたとは…末恐ろしい…。
そんな米本少年も成人を向かえ、20代半ばに本格的に自作電気楽器の道を歩むことになるのです!

そんなわけで、まずは米本先生が現在最も力を入れているプロジェクト、モジュラーシンセ”SYSTEM Y(システム・ワイ)”をご紹介!!

マッド・サイエンティスト感全開!
シンセサイザーとしての機能はもちろん、007:「MOちゃん」はプロペラが回ったり、016:「豆きち」は豆電球が点いたりと、どのシンセメーカーも採用していない斬新?で遊び心に溢れたアイデアが満載です。

プロペラが回るモジュールなんて見た事あります!?
ぜひYOUTUBEで「SYSTEM Y」と検索してみてください!

そしてこちらがYONEMIN(ヨネミン)
こちらはボタンを押してつまみを回すだけの簡単操作で音が出せる電子楽器です。

外見からも想像できる通り、非常にシンプルな作りで、たった2つの部品で組み立てられているそうです。アナログ感のある太くて可愛い音がします。

さらに、幅広いジャンルのアーティスト達とコラボレーションを展開しています!
ドラムに置かれた自作パッドからの電気信号で鳴らされた音源をリアルタイムで調整したり。

おっぱいシンセの「アンジェラ」と「サマンサ」だけを音源に、SYSTEM Yで制御して演奏したり。

著書も出版されています。詳しくはコチラ

今後もどんな活動を繰り広げていくか目が離せないアーティストです。
オフィシャルサイトYOUTUBEチャンネルも内容が充実していてかなり楽しめます。

About the author

noze

noze

ドラマー、サウンドクリエイター音楽スタジオの経営者でもあり、
現在は国内外問わず様々なプロジェクトに参加している。
Asian-portから自身の好む日本製の情報を輸出。

Drummer / Composer; Run A Recording Studio Business and Take Part In Various Projects Inside or Outside The Country.
Export My Taste In Informations Made In Japan from Asian-port.

1 Comment

  • All of the above.JRock/Pop the most thoughGackt, High and Mightly Color, Yui, Namie Amuro, Gazette, Dir eng Grey, Larcenciel, Nightmare [and so many orhets]KPop:Super Junior, Rain, DBSKCPop:S.H.E., Wang Lee Hom, Jay Chou-email me if you want any other bands [I have a lot]- :)

Leave a Comment